会計士ブログ
老後資金はいくら?

先日、日経新聞を読んでいると、

「老後資金いくらあれば・・・」という記事がありました。

 老人.jpg

当然お金はあればあるほど安心だと思いますが、、、

最低限いくら用意していればいいのか、その目安ってよくわかりませんね。

 

記事によると

総務省の調査で、働いていない高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の

世帯年収は約23万円だそう(ほとんど年金収入)。

ここから税金や社会保険料を引いた手取りは約20万円になるので

これに足りない部分を老後資金として準備する必要がある!のです。

 

夫婦二人で20万円・・・自分の持ち家があって、旅行とかたま?に出かける程度におさえて

地味に生活していれば、年金だけで暮らしていけるのかもしれないですけど・・・

でも、時間がある老後だからこそ、やりたいこともありますよねー。

長期間の旅行にいったりとか、のんびり習い事をしたりとか、

仕事をしていたときにはできなかったことをやったり、

よく見かけます(?)が、孫にいろいろ貢いだり(笑)

それに、年をとればとるほど病気になりやすいでしょうし、そのための準備も必要ですよね。

 

この総務省の調査によれば、高齢者世帯の毎月の実際の支出額は約25万円。

なので毎月5万円のマイナスになってるそうです。

当然、この金額は平均的なところなので、

「じゃあ老後は20年として、1200万円準備してればいいのか!」というわけにはいかないですね。。。

 

記事の中にも書いてありましたが、

自分の生活費は、毎月いくらかかりそうだとか、老後はこんなことがやりたいとか、

「自分の場合」の金額を考えてみないことには

いくらお金があっても不安は解消できないのです。

(老後を考えたウン十年後の「未来ノート」をつくってみるといいかも!)

 

う?ん、老後は遊んで暮らしたい私は、まだまだ準備が必要なようです。。。。

大手のエステ
≪前の記事TOP次の記事≫